コンムジカ

Piano Lesson / Classical Music Concert

ショパンコンクール反田さん小林さんおめでとうございます!

ショパンコンクール終わりましたね!!

反田恭平さん2位、小林愛実さん第4位!!

おめでとうございます!!

第1セッションからドキドキワクワクと感動の時間を過ごさせてもらいました。
回を追うごとにどんどんとレベルアップしていく様子を見て、これはコンクール開催以来の日本人初の優勝となるんじゃないかと思っていました。
惜しくも1位とならなかった理由について考えてみたのですが、一言でいうと少しやりすぎちゃったのかな、、です。特に愛実さんは意思も思いもものすごく強く、演奏にも物凄い熱量と迫力があるのですが、ショパン自身は多分そうは弾かないのかな、、と。あの几帳面で繊細なショパンさん。。

1位となったブルース リューさんの演奏を改めて聴いてみましたが、芯がある音で度肝を抜く上手さで流石だなと思いました。正統派と言いますか、とても真面目な方という印象を受けました。

でも演奏会に足を運びたい、もっとその人が奏でる音楽を聴きたい!と思わせてくれるのは、反田さんや愛実さん、同じく第2位となったガジェヴさんとかなんですよね。あくまでも私の場合は、ですが。

なんですかね、、音や表現の魅力、その人が持つ個性やカリスマ性でしょうか。。そして何より心にグッとくるか。

演奏活動をしてファンを得ることと、コンクールで賞を貰うこと、はやはり見方が違ってきますよね。

コンクールも、途中から豪華な演奏会を聴き続けてる気持ちになって聴いていました。本当に贅沢な時間を過ごさせていただきました。時差のおかげで寝不足になる日も何日かありましたが、応援してる人の時間には目が覚めちゃうんですよね笑

コンクール期間中、出番直前の様子も映像になっていましたが、みなさん、ものすっっっごい緊張状態にあって、ピアニストとはなんと過酷な職業なんだ、、と心が締め付けられました。ショパンコンクールのような大きなコンクールに参加するようなピアニストたちはピアノを弾く意外にも背中にみんな色々なものを背負っていて半端ないプレッシャーにさらされながら練習し、舞台で弾き、結果を受け止めている。国を背負って挑むとはどんな感じなんでしょう。。逃げ出したくなる瞬間はあっても、でも、音楽への愛情がそれを上回るから立ち向かっていけるのかなと思います。

今回入賞しなかったピアニストの方達も含めて、本当に賞賛と感謝を伝えたいです。

ぜひコンサート会場で生で演奏を聴きたいです!チケット入手困難になりそうですが笑

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2022 コンムジカ

テーマの著者 Anders Norén

Twitter
YouTube
Instagram